銀行カードローンは総量規制の対象外で銀行法で規制されている

消費者金融と銀行系カードローンの違いの中でも「総量規制の対象の有無」は特に大きな違いとなっています。総量規制は、貸金業法に基づいた融資が行われる場合に適用される法律であり、年収の3分の1までが融資可能な金額の上限として設定されています。

 

消費者金融は貸金業法に基づいた融資を行っている関係から総量規制の対象となっており、

 

 

年収の3分の1を超えてお金を借りるということは基本的には不可能となっています。


それに対して銀行系カードローンでは貸金業法ではなく銀行法に基づいて融資を行っており、その関係から融資については総量規制の対象外であることから年収の3分の1を超えてお金を借りることができます。

 

 

ってことは消費者金融を利用する場合の現実的な最大利用限度額は年収の3分の1で個人差があるって事になるねぇ!


専業主婦や収入の安定していない属性は消費者金融を利用できない

銀行系カードローンでは融資を行うにあたり収入についての確認事項が高額融資に限ってだけ必要な為、本人に安定した収入がない専業主婦であっても融資を受けれる可能性があります。逆に消費者金融では融資を行ううえで

 

 

本人の収入が確認項目となっている関係から専業主婦に対しては基本的には融資を行っていません。


また、専業主婦のみならず安定した収入を得ていない人に対してはそもそも消費者金融では融資そのものを行っていないというケースがほとんどです。

消費者金融の審査で重視している毎月の安定した収入とは?

消費者金融で融資を受けるための条件として、「毎月安定した収入を得ていること」というものが設定されている場合がありますが、このことからも、消費者金融が収入の安定性について重視していることがうかがえます。

 

 

パートやアルバイトでも安定した収入を得ていると判断されば融資を実行できるのも消費者金融の特徴です。


もちろん銀行系カードローンであっても、収入について確認されないというだけであって例えば無職の人に対して融資ができるかといえばそれは不可能ということになります。消費者金融であっても銀行系カードローンであっても、

 

 

返済能力の有無を問われているって事だね!


融資を行った金額が返済される可能性がない場合については融資ができないという点に変わりはありません。