消費者金融の審査に通るために大切なこととは?

消費者金融を利用するにあたり、避けて通ることができないのが「審査」です。この審査はどの消費者金融業者であっても必ず受けなければならないものであり、審査に通らなければ融資を受けることはできません。

 

ではこの審査に通るためにはどうすれば良いのでしょうか。そのために必要なことは、

 

 

自身の属性を確認したうえで最適な業者に申し込む


というものです。消費者金融をはじめカードローン業者の審査は、申し込んできた人の情報を様々な角度から精査して属性を確認しています。ここでいう属性とは、たとえば

 

 

  • その人の年収だったり
  • あるいはその人の住居だったり
  • 果ては職業だったり

といった部分をはじめ、過去にキャッシングの利用があったかどうかといった点まで掘り下げられます。このうち、年収については金額が高ければそれに越したことはありませんが、

 

 

それ以上に重視されるのが収入の安定性と支出とのバランスです。


 

 

  • たとえばトータルの年収が高くても月によって収入にばらつきがあったり
  • 既に複数社から借入を受けていてその返済金額も少なくない

ということであればやはり審査においては融資を行ううえで不安材料と判断されてしまいます。逆にいえば、そのような状態でもない限りは審査ではマイナス材料となることは少ないと考えることもできます。

 

そのうえで特に大切なことといえるのが、「事実を伝える」というものです。

 

 

  • 年収が高い方が有利と思って実際に受け取っている収入よりも多めの金額を申告したり
  • 借入が無い方が審査に通りやすいと思って既に他社から融資を受けていながらその事実を隠して申し込む

こうしたことは審査に通らない要因となってしまいます。確かに年収は高い方が良い、他社からの借入は無い方が良いことは事実ではありますが、事実と異なる情報で申し込んだとしても結果的に必ずバレてしまいますので、こうした情報で申し込むことは避けた方が良いでしょう。

審査を受ける場合には必ず正しい情報で申し込むことが大切です。